ダイエット食品ナビ

水ダイエットの為に水をたくさん飲むコツとは?

水を飲むと痩せる効果があると言いましたが、そういっても普段から水を飲んでいない人は最初はしんどいと感じるかもしれません。実は水を自然と飲むコツがあります。


水を飲むコツで悪い例は一度に1リットルとか2リットル飲もうとすることです。やはり目の前にペットボトルを並べて飲むぞと覚悟を決めて(?)水を飲むのは体力がかかるし、なによりも水でお腹がふくれてしまい水ダイエットの挫折の原因です。


水を飲む良い例は、食事中に水を少しずつ飲むのがいいと思います。普通人間は空腹時にはお腹がすくので、目の前に水があったらグイグイと飲めてしまいます。個人的にオススメなのが、食事前に大き目のコップに水を入れて、一気にお水を飲むのがいいと思います。こうすると少しでもお腹がふくれるので、食べすぎを防いでくれて一石二鳥ですよ。もちろん食事中もすこしずつ水を飲みます。1日3食の食事の時間にこれを実践するだけで1.5リットルは水を飲んでいますので、2リットルと言ってもほんの少しです。


水をたくさん飲むコツとしてやっぱり一番は普段から水を目の届くところに置いておくのがいいと思います。すると不思議と自然に水を飲んでいるので、水が無くなったらまた水を入れておくとそれだけでもかなりの量の水を飲めると思います。そうやって普段から水を飲む癖さえつければ自然に水ダイエットが続いていきますよ〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5920824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック